【ストックホーム】台湾のメリット、住む事、事業の進出を考えてみた。

【ストックホーム】台湾のメリット、住む事、事業の進出を考えてみた。

*20190406 新

 

彼からの、提案でした。台湾で、日本人向けの賃貸の紹介事業をやってみないか?

彼は、台湾人です、台湾の台中で、不動産事業を経営しています、彼とは5年前に知り合い

日本の物件を仲介と言う形で、沢山の仕事をさせてもらいました。

彼からの提案を受けたので、改めて、台湾を調べてみようと思います。

台湾ドル=3.63円(20190408時点)

 

1、台湾に住むメリット

・人が優しい

ご存知かとは思いますが、台湾は、親日国として知られています。

3.11の東北大震災の時に多額の寄付をくれたのも台湾

戦後生まれの台湾人も、4人集まれば、誰か一人は、日本語を話すと言われています。

・税金が安い

日本では年収の約34%位が税金として国に納めないといけませんが、台湾では約5.7%ぐらいです

・食べ物は美味しい、日本人の口に合う

有名なのは、飲茶ですが、私も何回も台湾に行っていますが、食べ物は意外と口にあうと感じています。

・物価が安い

交通関係、WEB関係は特に安く感じますし、食品、生活用品は安く感じますね。

外国製品は高いですね、日本製品は高いです

・医療レベルが高い、安い

医療費は日本の2割から、3割程度です。

医療レベルも高いそうで、特に大きな病院では、設備も最新で、医者の向上心も高いようです

・お手伝いさん、ベビーシッターを頼める

お手伝いさんの1か月の相場は、15,000~17,000台湾ドルだそうです。

ベトナム人、インドネシア人の方が多いようですね。

・googleやLINEが使える

中国では使えませんが、台湾でも日本と同じものは普通に使えます

2、台湾に住む、デメリット

・レベルの差が激しい

これは外国の方とお話をする時に出た話ですが、日本は、標準的で貧富の差が少ない、例えばレベルに例えるなら

5段階程度だと、でも外国に行けば、レベルに例えると、20段階ぐらいになると言われていたのが印象的でした

台湾でも田舎に行くと、道や雰囲気もそうだと教えてくれました。

・空気が悪い

中国にも言われる、PM2.5の様に、排気ガスも多く、キリがかかっているようになっている日も

あるそうです。

・交通マナーが悪い

これは、アジア特有ですかね、クラクションが鳴り響いていますし、通行人も道路を横切っています

・衛生的に良くないところがある

千と千尋の神隠しのモデルとなった地「九份」、みんなが行く観光地になっていますが

やはりここも、昔は峠の村だったんでしょうね、風向きによって、匂いがします。

古い町ですから、下水の環境が悪いようですね、それに、合わせて、臭豆腐料理の匂いと、僕の友達でも苦手な方がいました。

 

3、台湾で事業をするメリット

・親日家である(住むときと同じですね)

・税金が安い

住むときも同じですが、台湾の法人税率は17%だそうです。

・アジア進出への足掛かり

アジアを市場としてターゲットとするなら

やはり近い、台湾を足掛かりにする方も多いようですね
文化や言語や習慣にもなれる事に於いても、又人材を確保するにおいても、台湾が一つの拠点として

使われていることが多いようです。

 

エアトリで調べてみましたが、安いですね、近いですね

関西からだと、東京に行くのと、金額も、時間もあまり変わりません

 

4、台湾で事業をするデメリット

・日本よりも狭い

台湾だけをターゲットにすると、日本の九州位の面積しかありません。

・国としては少子高齢化が進んでいる

台湾だけをターゲットにすると、日本よりも高齢化が進んでいるようです。

・熱しやすく冷めやすい

日本からの出店をすると、オープンと同時に長蛇の列、時間が経つと飽きてしまうと言うのも、国民の性格と聞きます

 

5、外貨受け入れ、持ち出し

日本円の持ち込み、台湾から日本への持ち出し、出来る金額は、1万米ドルとされています。

1万米ドル=約100万円ですね。

上記の金額を超過する場合は税関への申告が必要です

上記の内容は、一般的な内容です。

ここは、思いっきり掘り下げたいと思います。

どこまで、公に書けるかはわかりませんが、書いてみます。

 

ふりかえり

今回は以下の内容で記事を書かせてもらいました。

 

海外に行くときは安心ですね。僕も買いました。

夢のAI通訳機「POCKETALK W(ポケトークW)」

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL