前のページに戻る

【ストックホーム】入居率99%にする方法、聞いて考えた9件

【ストックホーム】入居率99%にする方法、聞いて考えた9件

*20190318 新

 

 

出来るだけ簡単に実践できる方法を探してみた。

賃貸マンションや区分マンション、戸建てなどを自己保有している場合、一般的な管理業務や入居者募集業務は管理会社に依頼していると思います。

管理会社は、WEBや看板、紙の広告、店舗広告を駆使して、入居者を募集します。

また、営業の方は入居契約などの業務に務めています。

管理会社からしても何かしら物件に「武器」となる物があれば、募集活動を頑張ってもらえるでしょうし、優良物件として気に入ってもらえるかもしれません。

こうした武器があれば、管理会社も広報をしやすく、オーナー側は家賃収入も安定しますし、営業担当者も成績が上がるわけです。

お互いにWINーWINの関係に必ずなれるはずです。そこで、オーナーとして、物件に魅力を持たせる方法を探してみました。

できるだけ費用を抑えて、わかりやすい方法を探してみました

 

 

目次

  1. 簡単なDIYが出来る部屋
  2. 部屋の天井を高く
  3. 敷地でイベントの定期開催
  4. 菜園スペース、ドッグラン
  5. 物件独自のHPによる集客
  6. 入居者が集まるブログ
  7. ダイエットマンション、筋トレマンション
  8. 美容グッズ、身だしなみグッズ
  9. 今はIOTの時代

 

簡単なDIYが出来る部屋

もっともお手軽できるのが、各部屋に穴あきボードを設置することです。

部屋に何か吊りたい場合、釘を打ったり画鋲をさすのに抵抗がある方も少なくありません。

場合によっては補修が必要になってきます。

ここはあえて自分で一工夫できる壁を作ってみてはいかがでしょうか。

埋め込みでもいいですし、上から張り付けても良いかもしれません。

工夫すれば棚や照明、装飾、思い思いのものを取り付けられるので、賃貸でも部屋をカスタマイズすることができるようになります。

近年はDIYも人気になってきているので「部屋のカスタマイズを自由にしたい方向け」というようにターゲットを絞ってしまうのがおすすめです。

《参考資料》穴あきボード

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E6%9C%89%E5%AD%94%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89/

 

部屋の天井を高く

天井裏の天面は、最上階であれば小屋裏、各階は上部の床が見えます。

この天井裏の空間を有効活用するために、天井を解体してしまう方法があります。

騒音の問題や天井裏の配管や配線の見せ方の問題を解消することができるのであれば、確実に天井高は高くなり、開放的になるのは間違いありません。

配管を「赤」に塗ってしまうのも大胆で面白いかもしれません。

布でデザインするのもいいかも知れません。

 

参考資料 布で天井

https://matome.naver.jp/odai/2134801259861697901

 

敷地でイベントの定期開催

管理会社や賃貸会社に「イベントしませんか?」というと、案外乗ってきてくれるかもしれません。

不動産仲介として私であれば乗ります。

そもそも賃貸会社が一番欲しい物が「集客の方法」です。

建売住宅などで現地説明会という看板や、実際に行ってみたことがある方がおられると思いますが、同じ物です。

 

物件の前で、それをやればよいのです。

それだけでは明るさがないと思われるなら、コーヒーショップや露店を展開してみましょう。

イベントに行きたい人は沢山いますから、場所代タダのパイロット店として募集をかけてみるのもよいでしょう。

 

菜園スペース、ドッグラン

敷地に余裕があって、ペットもOK、改装費用もかけられるのであれば、ドッグランを作るのも良いでしょう。

通常は「ここまでの敷地の余裕はないよ!」「そんなに費用がかけられないよ!」というのが普通です。

 

弊社が展開している淡路島、郊外型であれば余裕で作ることができますので、近田舎物件にオススメかもしれません。

 

例えば、空室の目立つマンションはペットOKにするだけでも強い武器になります。

・マンション募集に具体的な犬種、猫種、そのほか具体的に書きましょう。

・複数ある場合は、OKな部屋と、ダメな部屋の区分をつけましょう。

・空いてる部屋がある場合は、OKな部屋とダメな部屋を区分しましょう。

・ペットOKの部屋は腰張り(板貼)をしましょう。

・飼わない方にはペットがいる事、種類を限っている事などを明確に伝えましょう。

・ペットの近隣トラブルが続いたり、明らかに注意を守れない時は退去の約束を取り付けるようにしましょう。

・廊下やエントランス等に監視カメラは必要でしょう。

・監視カメラがついてる事を契約書に記入しておきましょう。

・退去の時は、消臭処理をすることを確約しておきましょう。

 

ペットをOKの物件には以下の場所を設置しておくと喜ばれます。

以外に安価で設置できるものです。

・花壇

・ペットの洗い場(足洗場)

 

 

物件独自のHPによる集客

賃貸会社などの不動産業界は集客をWEBに8割以上頼っています。

現在は紙での広告はほぼなくなりました。

賃貸物件を掲載するポータルサイトは数多くあります。

会社によってさまざまなサイトにを利用して集客をしています。

 

しかし、案外、無いのがマンションの独自のHPです。

是非作ってみてはいかがでしょうか?

これから何件も持ちたい、増やしていきたいと感じておられる方なら猶更です。

WEBからの集客は「写真」が大いに力を発揮すると言われていますが、自分の資産、自分の物件をかっこよく写真を撮ってみませんか?

特有の日常の写真もあれば面白いですね

 

納得の出来ない写真を掲載されたら嫌だと思います。

賃貸会社も写真を掲載して集客するわけですが、独自のページを持っていればそこから写真を取ってもらう事だってできます。

賃貸会社や管理会社間では、空室日報というものをやりとりしていて、成約された部屋や解約予定の部屋、空き部屋などを記載して、業界全体で情報を共有して空室を埋める営業努力をしています。

物件を任せている管理会社は知っていて、その他の会社が知らない情報もあるわけです。

独自サイトを持っていれば、他社との情報格差を解消することができます。

サイトは今本当に簡単にお手軽に作れますから、チャレンジしてみてください。

 

入居者が集まるブログ

昔は駅の改札口に掲示板があって「○○へ、先に行ってます♡」とか伝言を残すことがありました。

今はSNSが発達しているのでラインやフェイスブックなどでのやりとりが主流になりました。

 

そうした時代背景を考えて、マンションの掲示板ではないですがブログを設置してみるのはいかがでしょうか?

コメントが入れば双方向性のコミュニティーとしても機能しますし、クレームがあれば参考にしてより良いサイト運営や賃貸運営ができます。

 

ダイエットマンション、筋トレマンション

物件を借りる方の中には価格交渉をする方は非常に多いと思います。

しかし、価格交渉をして下げるだけではオーナーが一方的に損をしてしまいます。

 

例えば、体脂肪率に応じて価格を下げるというようなエンターテイメント性を導入してみてはいかがでしょうか?

「この物件家賃下りませんかね??」

「家賃を下げる方法が一つあるんですよ!ダイエットってされてます?」

「えっ??ダイエット失礼な!!」

「このマンションね、ダイエットマンションって呼ばれてるんです」

「体重が〇㎏下ると、○○〇円、賃料が安くなるんです」

「初めに体重を教えてもらって、3か月ごとの体重を教えてもらうと、家賃が下がるんです」

「体重が増えると、家賃も上がりますけどね(笑)」

 

そうしたやりとりができるのも物件を所有している方の醍醐味です。

 

遊び心を前面に出してみても良いと思います。

賃料ってのはいかがなものか?保証金も含めて

古くなって入居率が悪くなれば、家賃や保証金を下げるというのはよくある話です。

賃貸営業マンも、こうした提案をしてくることがあります。

 

牛丼屋ではないですが、価格競争は最終までいけば「0」になるわけで、当然成り立たなくなります。

牛丼屋を見ても価格競争をしてるな~と思ったら、「ウナギ」だとか「カレー」だとかを出してきて牛丼屋じゃなくなってきていますよね。

これは不動産にも言える事だと思うんです。

 

価格は最後の手段として、何か知恵をだして試してみてはいかがでしょうか?

 

 

美容グッズ、身だしなみグッズ

単身の方も多いので、ちょっと手が出にくい最新の美容器具を設置するのも効果的です。

ホテルでマッサージチェアや美顔器、空気清浄機などが設置されていることがあります。

このように部屋のラグジュアリー感を向上させる方法もあります。

 

高級リゾートホテルにはスパがあるように、自分の家にも癒しの器具があれば嬉しいものです。

 

今はIOTの時代

段々進んでくるんでしょうね。

明日の景気や、株価は誰にも分りませんが、IT化が進んでくるのは間違いないでしょう。

部屋全体をIOT化するのは費用がかかってしまうので、難しいかもしれませんが、玄関の鍵だけを先行して変えてみるのはオススメの方法です。

実際に防犯面が向上する事で女性の入居者が増加します。

 

少し前までは、オートロックのエントランスがついてるだけで、マンションを選ぶような事もあったので防犯を意識すると、入居率が上がる可能性が高まります。

 

まとめ             

持ち家であれば、細部までこだわりたいというオーナー様はたくさんいます。

 

しかし、収益や投資金額を回収する事を考えると、難しい場合もあります。

まずは入居率を上げる事が重要になってきます。

賃貸住宅は同じように見えるからこそ、部分的に設備を変えてあげたり、面白い物にすれば選んでもらえる確率は高くなるでしょう。

WEBでは見せるのが大事、写真が大事と言われますが、気になるポイントがひとつでもあれば、問い合わせに繋がっていくはずではないかと考えましたが。

 

何かの参考になればと感じました。

 

 

▼ご質問、お問い合わせはこちらまで
https://stock-re.jp/contact

 

▼弊社「ストックホーム株式会社」のHPはこちらです。
https://stock-re.jp

 

 

———————————————————————
京都市山科区大宅関生町66番地 DUALVIEW5階
ストックホーム株式会社
電話 0120-76-8811
FAX 075-632-8822

メール info@stock-re.jp

淡路支所:兵庫県淡路市育波286-7
——————————————————————–

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL