【ストックホーム】住宅ローン20年で返せても35年で組む!?

【ストックホーム】住宅ローン20年で返せても35年で組む!?

*20190305 新

僕の自論ですよ、あくまで、それを理解したうえで聞いてくださいね。
多分この記事を書いたのが、初めに書いたのが7年前ぐらい、7歳年を取りました、今、余計に感じます。
返済金額は、今自分が思うより、1割は少なくしても僕は良いと改めて思います。

 

目次

  1. 僕は35年で組んだ方が良いと感じます
  2. まだその時は、生活基盤が決まってないから
  3. 繰り上げ返済
  4. 固定金利と変動金利

 

 

僕は35年で組んだ方が良いと思います。

金利はたくさん掛かるのになぜかって言うと、

例えば、借り入れ金額2500万、金利(基準金利)0.775で借りたとすると

35年返済だと、月々 ¥67,980円/ボーナス 無し

20年返済だと、月々¥112,481円/ボーナス 無し

20年で組む方は20年で当然返せると思っている方で。

そこで私の提案は、あえて35年に今はされてはどうか?と言う提案です。

なぜかと言うと

 

 

まだその時は、生活基盤は決まってないから

今から将来何があるかわからない、例えば誰かが病気になって、今計算している以上の月の生活費が、必要になるかも知れないと言うことです。

 

住宅ローンは、やはり、借り入れですので、1回でも遅れると信用に傷が付いてしまいます。待ってはくれません。

 

そこで提案なのですが、毎月用意するお金は¥112,481円を用意されて、35年返済にして、¥67,980円は住宅ローンの返済に、¥44,501円は定期積立にまわされるのが良いと私は思います。

 

返済には返済金利が付きますし、預金には預金金利が付きますので、プラス、マイナスをすれば、少しでも返済金利が下がるのではと考えますし。

 

 

繰上げ返済

もし何かあれば定期預金を使って対処できますし何年か経って、何も無かったら、家族が元気でいられたら、繰上げ返済をされたらよいと思います。

 

20年間、本当に何も無かったら、積立てた金額だけでも、¥10,680,240になります、そのときに繰上げ返済されたら良いと思います。

 

住宅ローンの金利は残額に対して付いているわけですから、月々の支払いがグッと下がるはずです。

 

固定金利と変動金利

良くお客様に質問されるのが、この質問どっちが良い!

僕の考えで言うと、今はまだ世間情勢が悪いし、金利は低いから、「変動金利」が良いと思います。
まだまだ、いきなり金利は急に上がらないでしょうしね

世間の悪いときは金利が低いですから、その恩栄を受けるのも良いと思いますよ。

それに上記の提案ですと、繰り上げ返済をするわけですから、変動なら簡単にできますし
また、いつでも固定に変えれます

 

固定金利は、変動金利を基準に、銀行はリスク(未来展望)を取りますから、ご存知の様に
期間が長ければ、金利は高くなります

この低金利時代にわざわざ高い金利にすることはありません。

 

また、この質問も多いですね

金利が上がったらどうしましょう?

まず、住宅ローンだけ、単独で上がる事はありませんよ。

もし上がるなら、株かも給料も上がっているかもしれません。

もし、住宅ローンの金利が上がるぐらいの予想が出来るなら「日経225」の商品を買っても儲かりますよ、それ以上にね

 

それに銀行はお金を貸すのが仕事じゃなくて、貸して返してもらうのが仕事ですから

返済比率という、ある程度のリスクは計算してますよ。

だから、安心してください。

 

また、是非住宅を買った機会に少しだけ、お金の勉強をしてみる事をお勧めします。

 

 

おまけ動画です、7年前ぐらいだったかな?

 

 

 

▼上記の物件のご質問、お問い合わせはこちらまで
https://stock-re.jp/contact

 

——————————————————————————————————–

ストックホーム株式会社  京都府知事(2)第13069号

京都府京都市山科区大宅関生町66番地 DUALVIEW5階

TEL:0120-76-8811 FAX:075-632-8822  メール:info@stock-re.jp

淡路市所:兵庫県淡路市育波286-7  取引態様:媒介

——————————————————————————————————–

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL