【ストックホーム】ゲストハウス運営の「肝」は、近隣説明会

【ストックホーム】ゲストハウス運営の「肝」は、近隣説明会

*20190313 新

ゲストハウスの近隣説明会。先にご説明を、下記は京都市内での経験です。地域によっては違います。
ゲストハウス=簡易宿泊所や、ホテル、旅館に至っても、建設をする前に、「近隣説明会」の実施が今は義務付けられています(京都市)ゲストハウスの建築の「肝」は住民説明会と言っても良いと私は感じています。

 

土地を購入または更地に建築又は中古の家を改装

計画看板を21日以上設置することが義務づけられています、その計画看板を見て、近隣町内会長から、近隣説明会の開催要望の連絡が入るか?

 

私たちは、設計事務所から町内会長に建築計画、概要をお届けすることにしています。

 

すると、大抵の場合、町内会長様より連絡が入り

町内の施設で、行う日程調整に入ります。

 

当日

 

設計事務所、私(不動産仲介者)、管理会社(決まっていれば)、オーナー(出れればですが、一般的には出てもらいません)

 

基本的には私と、設計事務所が、オーナーから委任状をもらって、2人で出席する事が多いです。

その理由は、今まで二人で、20数件以上のゲストハウスや旅館、ホテルの近隣対策を行ってきたからです。

 

近隣説明会のゴールは、近隣との協定書の締結です。

 

▼京都市の近隣協定書のひな形です

https://www5.city.kyoto.jp/chiiki-npo/news/news_jichikai_detail.php?id=61

 

▼京都市「近所に民泊が出来る事になったら

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000233/233923/(besshi2).pdf

 

協定書が確定するまで何回も行います。

 

第1回目の開催では、建築の概要や、関係者を紹介説明します。

近隣からの要望や、ご質問を聞きます。

 

何回行うの?

今までの経験で言うと、地域によって全く違います。

早い所では、関係者の紹介だけで、10分で終わった事もありますし。

何回も何か月もかかった事もありますし

オーナーの代わりに弁護士さんを依頼したこともあります。

 

何か月もかかった時は建築だけを始めにご説明し、管理、運営について、協定書の締結までに何か月もかかったという意味です。当然オープンに間に合いました。

 

ここで、オープン(開業開始迄どれぐらいかかるの)

 

現在更地の状態で、木造(2戸)程度の新築を行う場合で説明します。

 

旅館業承認申請に2か月

確認申請に2週間(旅館業承認申請と並行して、打ち合わせは行っている)

建築、4日k月

完了検査、消防検査、約2週間

保健所検査(営業許可)約2か月

 

普通の住宅の新築より、余分に3か月から4か月かかると思ってもらえば、良いと感じます。

 

どんな話が出るの?

 

オーナー出てこい!

*遠方の方で、弁護士さんに委任をしたこともあります

*私たち2人がオーナーから正式に委任状をもらっています。

建設をしないで欲しい

*法に乗っ取って行うことを真摯に説明します

コロコロの音がうるさい(トランクの引きずる音ですね。

近隣の写真が撮られたらどうする

外人が怖い

植木に触るかも知れない

事故があったらどうする

どんな管理体制?

*これは、今までの体制の中でお話をします

24時間、管理人は常駐するのか?

▼京都市の参考ページ

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000177/177773/20180615joreikisokunidanhyou.pdf

概要を簡単に

・宿泊者がいる時は駐在しなくてはいけない(帳場に)

・管理者の連絡先をわかりやすい場所に明示し、近隣には伝えなくてはいけない

・1室、京町家の場合(帳場がない場合)10分以内に駆け付けなければいけない

平成30年6月施行

平成32年3月までに

協定書のやりとり

 

主にこんな感じですね

 

時には理不尽と思える時もあります。

その時は、私も仕事として行っていますから、理不尽の思える事も、我慢します。真摯に説明をしているつもりです。

でも

私も人間ですから、腹が立つ時もありますよ。

でもね

よく考えてみると、自分の家の横に、ホテルが出来れば、正直、初めはいい気はしません、僕は意外にこれからグローバルの時代だとは思っていますよ、でも、聞きたいじゃいないですか?

少しは、ケチも付けたいじゃないですか?

 

それが、気持ちだと思っています。

 

でもね、

わかって欲しいのは、違法の物ではなくて、合法の物だからしっかり説明をしたいと思っているんです。

 

それに、

営業が開始すればご近所の協力なしでは出来ない事もわかっているんです。

 

だから、これからも真摯に説明をしますよ。機会が来れば。

 

お力になれるなら

沢山の経験をしていますから、これからって方や、今困っている方がおられたら、僕の経験でお役に立つことがあるかも知れないって思ってます。

 

お気軽にご連絡ください。もちろん相談だけでも大丈夫ですよ。

 

 

 

 

新物件の情報

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数件の反響を頂いております。

▼秘密物件のリンクはこちら(1件追加しました)

収益賃貸マンション 利回り13.02%

https://stock-re.jp/himitsu/sakaisikitakusyuueki

 

▼新神戸壱番館ハウスパートⅠ

使いやすい3LDK! 4階部分の南東角部屋で陽当り良好! 便利な駅徒歩3分!

https://stock-re.jp/jyutaku/sinkoube2980

 

▼収益マンション 570万円

表面利回り約8.4%! オーナーチェンジ物件です! 価格も570万円!

https://stock-re.jp/syueki/ukyou570

 

 

 

▼ご質問、お問い合わせはこちらまでお願いします
https://stock-re.jp/contact

——————————————
京都市山科区大宅関生町66番地 DUALVIEW5階
ストックホーム株式会社
電話 0120-76-8811
FAX 075-632-8822

メール info@stock-re.jp

淡路支所:兵庫県淡路市育波286-7
——————————————-

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL