【ストックホーム】業者回し厳禁で、僕が感じた。5つの事

【ストックホーム】業者回し厳禁で、僕が感じた。5つの事

*20190331 新

 

業者回しとは、物件情報が入ってくると、自分でお客様が見つけれないから、他の業者に情報を回してしまう事です
情報を回すのは、売主様にとっては機会損失にならずに良い事なんだけど、一般公開をしてよい場合はね。

ただ、売主様にとっては、情報をそこら中に回されてしまうと、新鮮な情報があふれてしまって嫌な時もあるし、又
知らない人には、扱って欲しくないという思いの時もあるのも現実

 

 

僕が考える業者回しとは

一番の理由は、情報が新鮮なのに、広がりすぎる事によって、だんだん薄れてしまう
*新鮮な魚が、どんどん鮮度が落ちるように
*広がりすぎる=情報(資料)だけが一人歩きをしてしまう

不動産業者に情報を渡すと

僕は不動産業者=情報屋だとある意味思っています。

子供がおもちゃをもらうと、すごくうれしい様に、不動産業者をもすごく嬉しいんです。
だから、情報を見せびらかしてしまう

見せびらかすのが顧客(買う人、売る人)なら良いのですが

見せびらかすのが、業者になると、それが、どんどん広がってしまいます

 

僕が業者回しの物件をもらった経験

私がC21で働いていた時も、自分で起業した時もそうなんですが
一番苦労するのは新情報探し、売却相談をもらう事
情報集めなんです。

まだ経験も浅かった時なんですが、ある業者さんが沢山の情報を持っていて
車のトランクに段ボール箱に一杯の資料を積んでいて、どんどん資料が出てくる

さすが!経験が違うね!と思いました

ひとつ物件が、良い物があって、確か、琵琶湖湖畔の土地でした
船の係留も付いていたと思います。
直ぐに社長に相談して、社長も、すごい乗りき、現地をすぐに見に行って
造成屋さんにお願いして区画割りをして、船が係留出来る、分譲地として売り出そう
バス釣りで人気ですから、近くの釣具屋さんに、広告を張ってもらおうとか
計画は進んでいきます。

計画をしてて、だんだん細かい打ち合わせを業者さんと進めていくと、概要の話の時は進むんですが
細かい話になってくると全然進まない、あれって思ってたら、止まってしまい、結局、計画は
頓挫です。

 

思わず「俺のやん!」って叫んでしまいました。

京都の地蔵盆で数珠回しってご存知ですか?

そう、数珠回しのように、僕に物件が戻ってきたんです。

僕がお客さんから、売却依頼を預りました。
ある業者さんが、何か情報がない?と聞くもんですから、こんな物件を預かったよ、というと
お客さんがいるから、紹介をさせてほしいと、「いいよ」って事で資料を渡したんです。

何週間か経った時でしょうか、業者さんから「新情報があるから今日持っていく」と
連絡がり、もってきてくれた情報が、僕が預かった物件

業者さんは、他に出回っていない情報と言ってもって来てくれたんですよ!!

 

不動産業者と言っても得意な事がある

一般の方から見れば、不動産業者がひとくくりなんですけど
業者さんの看板にも、売買、賃貸、仲介、分譲、建築・・・
とか書いてるんですけど。

どの業界でも、一緒とは感じますけど、専門(得意)な事があるんです

仲介と言っても
業者さんに仲介
個人のお客さんに仲介
全国的に仲介
投資物件の仲介
などなど、結構細部に分かれます。

 

レインズに登録する義務がある

・専属専任媒介契約
不動産会社は媒介契約締結後、5日以内にレインズへ登録しなければなりません。
・専任媒介契約
不動産会社は媒介契約締結後、7日以内にレインズへ登録しなければなりません。

となっていますが、今は一般媒介契約で契約することが多くなっています
*媒介契約には他の業者なしって書きこむことが多いです
*大手もこの方法が多いです、もう一つの理由が報告義務です
(大手でもクレームになることが多いでしょうね)

レインズにはなかなか登録しない理由
*やはり、両手数料を狙いたい
*資料が広く出回って、新鮮さがなくなることがイヤ
*自分の顧客に先にアピールしたい
*行儀の悪い営業がいる(よく2CHでも叩かれていました)
最終は登録することもあるんですけどね・・・

 

本当に行儀の悪い人がいる

レインズの物件や、ポータルサイトの物件をもって、直接売主に訪問し
僕の会社は、すぐにお客さんがいるような事を言って、覆しに行く方が
いるのも事実なんです。

僕の中にもあるんですよ

どこかにその情報を求めている方がいるかも知れない
だからどんな形でも情報が拡散された方が仕事に繋がるかも知れない・・

ただ、今までの経験で嫌な事が多かった事
良いのか悪いのかの情報が正確にわからない事が、たぶんイヤなんです

 

 

振り返り

今回の記事は以下の内容で書かせてもらいました。

 

 

 

 


▼ご質問、お問い合わせはこちらまで
https://stock-re.jp/contact

 

——————————————–
京都市山科区大宅関生町66番地 DUALVIEW5階
ストックホーム株式会社
電話 0120-76-8811
FAX 075-632-8822

メール info@stock-re.jp

淡路支所:兵庫県淡路市育波286-7
——————————————-

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL