【ストックホーム】住宅融資の担保ってなに?

*20190419 新

住宅ローン、「担保」ってなに?

住宅ローンを組むとき、銀行は担保を取ります。

(担保とは?)将来生じるかもしれない不利益に対して、それを補うことを保証すること、または保証するもの。抵当。「土地を―に入れる」

住宅ローンの担保とは、人、土地、建物になります。

 

人は死んでしまうかも(担保が無くなる)知れないから、「団体信用生命保険」に入らなければなりません、この保険の保険料ははじめから、ローン金利に含まれています。借りた人が死んでしまったり、重度障害になった場合、残っているローンは「0」になります。

それと、「人」を担保に取るわけですから、審査をする基準があります。

(属性)どんな会社に勤めているか?を審査されます。良く世間で「公務員」はローンが通りやすいって言うのはこのわけです。

(年収)いくらもらっているのか?住宅ローンには返済比率って言うのが決められていまして、これぐらいの年収にはこれぐらい貸せると言う基準があります。返済比率については、又後日詳しく書きます。おおよその目安ですが、年収の5倍~6倍まで、少し無理をして7倍ぐらいなら、借りれると思います。

(年数)どれぐらい勤めているのか?健康保険書の提出を求められますが、そこに加入年月日を書いてあるので、それを確認します。基本的には3年以上が求められます。自営業などの場合は、申告3年分が必ずいります。サラリーマンの場合は1年でも通る場合があります、その際に気をつけて頂きたいのは、勤めてから1年では無く、1月~12月を1年と見られるので、気をつけてください。

もう一つ、転職をしたかたは、前職と今の職と関連があるかどうかがチェックポイントになります。つまり全然違う職種から来た転職と、発展した転職とは違うと言う意味です。

もう一つ、最近良く「がん保険」「三大疾病保険」とかがありますが、これは任意でかけるものです、この保険も、その病気になったら、ローンが「0」になるものです。支払いは、住宅ローンには含まれていませんので、別に支払いが発生します。

 

土地

土地は世間の状況で変動はありますが、基本的に無くなる事はありませんので保険のようなものはかけません。

審査は、現地調査、路線価というものが基準となり、評価を出していきます。

 

建物

建物は火事とかで無くなってしまいますから「火災保険」をかけます。つい最近までは強制で保険証券を銀行が預かる「質権設定」という方法をとっていましたが、今は任意という形にはなっていますが、でも保険をかけるのは基本です。

以上の様に、銀行は担保を取って住宅ローンを融資するわけです。

大きい金額ですから、良く理屈をわかっておきましょう。

 

 


▼ご質問、お問い合わせはこちらまで
https://stock-re.jp/contact

 

——————————————–
京都市山科区大宅関生町66番地 DUALVIEW5階
ストックホーム株式会社
電話 0120-76-8811
FAX 075-632-8822

メール info@stock-re.jp

淡路支所:兵庫県淡路市育波286-7
——————————————-

 

 

 

 

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL